一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2017年11月に販売されるスクラッチ宝くじの確率と特徴

| 1件のコメント

11月に販売されるスクラッチの紹介です。

11月1日~11月14日 ドラゴンボールスクラッチ 孫悟空&孫悟飯 タテ・ヨコ・ナナメ

単価:1枚200円

第2434回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 1,000,000 100,000 5.0%
2 等 100,000 33,333 1.5%
3 等 50,000 3,226 7.8%
4 等 10,000 476 10.5%
5 等 1,000 50 10.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 44.8%

第2372回東京都くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 1,000,000 50,000 10.0%
2 等 100,000 12,500 4.0%
3 等 50,000 3,333 7.5%
4 等 10,000 588 8.5%
5 等 1,000 100 5.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 45.0%

第2551回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 1,000,000 100,000 5.0%
2 等 100,000 11,111 4.5%
3 等 50,000 2,500 10.0%
4 等 10,000 500 10.0%
5 等 1,000 100 5.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 44.5%

第2242回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 1,000,000 100,000 5.0%
2 等 100,000 12,500 4.0%
3 等 50,000 4,545 5.5%
4 等 10,000 500 10.0%
5 等 1,000 50 10.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 44.5%

全てのブロックで等級と当せん金は同じです。確率だけが違います。
東京が高額の方に振ってていい感じ。1等100万円が5万分の1と当たりやすい。
スクラッチで100万出たら、すごいですね。

11月15日~11月28日 ドラゴンボールスクラッチ ベジータ ハッピーカウント

単価:1枚200円

第730回 全国

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 500,000 16,667 15.0%
2 等 50,000 2,381 10.5%
3 等 3,000 207 7.2%
4 等 500 100 2.5%
5 等 200 10 10.0%
合計 45.2%

全国共通なので、気持ち45%より配分が高めです。もうちょい高くても。
1等50万円が5万本に3本の割合で計450本あります。
50万円にしては、けっこう高確率です。
当たって使いでのある嬉しい額だし、年末ジャンボ前に試してもいいかも。

11月29日~12月12日 ドラゴンボールスクラッチ 孫悟飯 トライアングルチャンス

単価:1枚200円

第2435回 関東・中部・東北自治 宝くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 300,000 100,000 1.5%
2 等 50,000 25,000 1.0%
3 等 10,000 1,667 3.0%
4 等 3,000 167 9.0%
5 等 1,000 25 20.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 44.5%

第2373回東京都くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 300,000 12,500 12.0%
2 等 50,000 5,556 4.5%
3 等 10,000 714 7.0%
4 等 3,000 238 6.3%
5 等 1,000 100 5.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 44.8%

第2552回近畿くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 300,000 16,667 9.0%
2 等 50,000 2,500 10.0%
3 等 10,000 1,000 5.0%
4 等 3,000 250 6.0%
5 等 1,000 100 5.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 45.0%

第2243回西日本くじ

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 300,000 16,667 9.0%
2 等 50,000 5,000 5.0%
3 等 10,000 1,111 4.5%
4 等 3,000 250 6.0%
5 等 1,000 50 10.0%
6 等 200 10 10.0%
合計 44.5%

全てのブロックで等級と当せん金は同じです。確率だけが違います。
関東はどうしちゃったのか1等30万円が10万分の1です。
44.5%のうち39%が3000円以下の賞金です。1万円超の賞金へは2.5%だけ。
関東等の範囲の皆さん、絶対に買ってはいけないクジですよ。

それに反して、東京は1等30万円が1.25万分の1です。関東の8倍も当たる。
他もそこそこ1等が当たるのですが、関東だけは。
西日本は第2237回(9/20~10/3)と似た条件で3等の本数のみ減っています。

今回の西日本に限らず、最近はあからさまに配当率を減らしています。
売上が悪いからといって利益率を上げたら(品質落としたら)負のサイクルに入るだけだが。

p.s.計算間違いや誤記、疑問点があればお気軽にコメントしてください。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. 1等30万円の確率が1/10万…。
    もちろん1枚100円かと思いきや200円…。
    世の中にはこんな極悪なくじもあったんですね…。
    よくこんなくじ売る方も売る方だし、
    買う方も買う方だなぁ…。
    毎回スクラッチは見向きもしませんが、
    今後も高額賞金以外は買わないようにします…。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    極悪ですよねー。年末ジャンボプチが10万分の1で700万円ですよ。
    宝くじのように配当率が低いゲームは、一発大きく当てないとダメです。
    逆に言うと、一発大きく当てる可能性があるから、参加する意味がある。
    公共的な機関がやっているんだし、こんな極悪なのは販売しないよう規制すべきだと思います。

    パチンコみたいに(比較的に)少額の当たりしかないものは、1回の配当率が高くても何回も再投資するから最終的な回収率が悪くなる。負け始めれば逆転もしにくく、多くやる人には敗者が多くなる。依存症にもなりやすい。
    そんなのに近いのを宝くじでしないで欲しい。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA