一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2017年ハロウィンジャンボミニの確率と特徴

| 4件のコメント

ハロウィンジャンボと同時発売されるミニは1等3000万円です。
前後賞が各1000万円で、1等前後賞をあわせると5000万円です。
同時発売のハロウィンジャンボは別記事になっています。

第729回ハロウィンジャンボミニ宝くじの確率など

販売期間:2017年10月11日(水)から2017年10月31日(火)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2017年11月9日(木)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 30,000,000 1,000,000 10.0%
1等の前後賞 10,000,000 500,000 6.7%
2 等 500,000 100,000 1.7%
3 等 10,000 333 10.0%
4 等 3,000 100 10.0%
5 等 300 10 10.0%
合計 48.3%

ポイント:ミニにしては1等への配分が少な目に

ミニは1等へ多めに配分しますが、今回は1万円以下への配分が多いです。
なんと、ジャンボと同様に1万円以下へ30%の配分に。

1等3000万円が100万分の1とミニで3000万円にしては低確率となっています。
1万円超の中間賞金は2等の50万円のみで10万分の1という低確率。

売上の合計配分は48.3%とハロウィンジャンボより若干良いですが、1億円を狙う私としては1等賞金額も微妙なので、勇気をもって今回のミニは買わないつもりです。

10/11~10/24発売で販売期間の重なる第2370回東京都クジは、1枚100円で1等2000万円が150万分の1です。前後賞各500万円をあわせたら3000万円あります。
この東京都くじを300円分買えば、1等2000万円が50万分の1です。
ジャンボミニよりブロックくじの方が1等への配分が高いだなんて。
(なお、ブロックによって1等確率が大違いなのでご注意を。)

このミニは売れるかなぁ?
今回売れなくても、ミニがダメなんじゃなくて、今回の条件が悪かったと思って欲しいです。
今後は1億円が100万分の1ぐらいに割り切ったクジにして欲しいものです。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

4件のコメント

  1. ・サマージャンボミニでいただいた返信コメント通り、1等5000万円ですか。5000万円より7000万円、7000万円より1億円の方が売れそうなのでもう下がる事はないと思ったんですが。それより驚いたのは前後賞。何かメリットあるんですかね?。前後賞がなく連番が売れないなら、バラの配分を多くすればいい話。連番でもバラでも利益は一緒なんだし。もしかして連番を買う人に前後賞がない旨をいちいち説明するのが面倒なので、売り場サイドから要望があったんでしょうか?。とにかく連番じゃないと5000万円は当てられなくなりました。それはともかく今回は勇気をもって買わないんですか?。僕は文句を言いながらも、5000万円でも3000万円でも1000万円でも当たってくれたら御の字なので、連番バラ両方買います(笑)。

    ・それよりいただけないのは2等50万円ですよ。ミニの2等の金額は毎回気にしており、ひそかにおいしいと思ってたのに夢も希望もないじゃないですか(怒)。1等が1億円なら1000万円、7000万円なら700万円、5000万円なら500万円と1/10に固定してほしいです。何なら今回は300万円でもよかったですよ。これなら1ユニットでもいいので、1等1000万円のプチを発売してほしかったなぁ。今回も何店舗か行くと思いますが、同時にミニロトとナンバーズも買おうと思います。年末ジャンボミニはまともな配分にしてほしいです。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    記事を書いたときは「買うもんか」って思いましたが、気持ちが揺らいできました。
    もし、今回がチャンスだったら。。。流れをみて決めます。
    ハロウィンジャンボミニを買う分として、ミニロトを買うかも。
    本当に2等もこんな賞金と確率で、どうしろと。

  2. 今回初登場のミニですが、ジャンボと同様一等前後賞と1万円以下にほとんど使っていますね。ジャンボと同様77分の一で3000円か1万円が当たるので買うならこちらをおすすめします。ちなみに次回の年末ジャンボではこの点については解消されていますが。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    二度とこんな配分はやめて欲しいです。
    ハロウィンの特徴ってことで続けないで欲しい。

  3. 抽せんが今日行われ一等は組下一ケタの8組182518番に、3000円と一万円は下2ケタ84番と下3ケタ788番と下3ケタ583番と下3ケタ188番になりました。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    次回に期待です!

  4. 2011年の東日本大震災がちょうど起きた時のグリーンジャンボがこれに一番近いですね。一等が当時よりかなり当たりやすいのは言うまでもありませんね。次のバレンタインジャンボやミニは果たしてどうなるのでしょうか?

    ——– コメントに対する返信 ——–
    2011年のグリーンジャンボはこれですね。
    バレンタインジャンボは次のようです。
    1等2億円(1000万分の1)、前後賞各5千万円、組違い賞10万円、
    2等1千万円(200万分の1)、3等百万円(10万分の1)、4等10万円、5等1万円、6等3000円、7等300円、バレンタイン賞2万円(2500分の1)
    バレンタインジャンボミニは次のようです。
    1等2千万円(200万分の1)、前後賞各5百万円、
    2等2百万円(10万分の1)、3等十万円(5千分の1)、4等1万円、5等3000円、6等300円、バレンタインミニ賞2万円(1000分の1)
    言いたいことはいろいろありますが、その前の宝くじも記事にしてないし、頑張らなくては。
    貧乏、暇なし。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA