一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2017年ドリームジャンボ宝くじの確率と特徴

| 2件のコメント

ドリームジャンボ宝くじは昨年同様の1等前後賞あわせて7億円です。
同時発売のグリーンジャンボミニ1億円は別記事にします。

第718回ドリームジャンボ宝くじの確率など

販売期間:2017年5月10日(水)から2017年6月2日(金)まで
単価:1枚300円
抽せん日:2017年6月8日(木)
抽選結果は夕方頃にみずほ銀行HPが更新され、翌日に新聞掲載されるはずです。

等級 当せん金 当せん確率(分の1) 売上配分
1 等 500,000,000 10,000,000 16.7%
1等の前後賞 100,000,000 5,000,000 6.7%
1等の組違い賞 100,000 101,010 0.3%
2 等 10,000,000 1,000,000 3.3%
3 等 30,000 3,333 3.0%
4 等 3,000 100 10.0%
5 等 300 10 10.0%
合計 50.0%

ポイント1:1000万分の1で1等5億円!前後賞各1億円!

年末ジャンボは1等前後賞で10億円でしたが、2000万分の1です。
2倍当たりやすい1000万分の1で1等前後賞7億円は条件良いです。

1億円以上と見れば333万分の1(1000万分の3)というのも良いです。
1億円を狙う私としてはバラで購入です。前賞だけでも後賞だけでも。

ポイント2:4等3000円と普通に戻る

昨年はドリームジャンボもミニも100分の1で4000円と高めでした。
今回は4等3000円(10枚分)と普通な賞金額に戻りました。

昨年は4等4000円にした代わりに2等が333万分の1(今回は100万分の1)、3等が2万円(今回は3万円)でした。
2等1千万円が3倍当たりやすい今回の方がうれしいです。

平成28年のドリームジャンボの売上は?

昨年は熊本地震復興支援でしたが、前年比97.4%の約407億円と売上減でした。
今年も条件は去年と似たようなものだし、売上を落としそうですね。
ミニが7000万円から1億円になったから、更にジャンボは減るかな。

今後のジャンボくじは?

ドリームジャンボの後の今年度のジャンボ宝くじはかなり変わりますよー。

5月:ドリームジャンボ、ドリームジャンボミニ
7月:サマージャンボ、サマージャンボミニ、サマージャンボプチ(新設)
10月:ハロウィンジャンボ、ハロウィンジャンボミニ(新設)
   (オータムジャンボより名称変更)
12月:年末ジャンボ、年末ジャンボミニ、年末ジャンボプチ
2月:バレンタインジャンボ、バレンタインジャンボミニ
   (グリーンジャンボより名称変更)

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

2件のコメント

  1. 買うならミニより普通のジャンボのほうですよね
    ミニのほうはジャンボの前後賞の確率と同じでこれなら最高5億の可能性あるジャンボのほうがいいですし
    驚いたのがオータムがハロウィンに、グリーンがバレンタインに名称変更ですか
    一番歴史が浅いオータムはともかく、グリーンは元々緑化宝くじからの流れがあるから名称変更だと本来の緑化事業に役立てる主旨が伝わらないんじゃないかなあと思うんですがこれも時代の流れでしょうか
    サマージャンボもプチ出るんですね
    自分も年末のときにプチを買いましたが一応成功したからサマーでも売り出すのかな?
    ビンゴくじといいウルトラマンスクラッチといい最近の宝くじの改革はかなり客の事を研究してきてるなて感想です

    ——– コメントに対する返信 ——–
    私はミニのファンだったのに、今回の1等3本にはがっかりです。
    宝くじは売上減の流れを変えられないので、いろいろ試しているようですね。
    ジャンボのときしか宝くじを買わない人も多いので、ミニやプチなどそこでいろいろ選べるのは成功してるのかも。
    できれば、ミニ200円、プチ100円とかにしてもらえればよかったけど。

  2. 今回のドリームジャンボですが、よく見ると昨年のオータムジャンボの確率そのままに今年のグリーンジャンボミニの春のめぐみ賞を追加しただけですね。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    ん!?そう言われればそうですかね!
    一応、昨年のオータムジャンボ今年のグリーンジャンボミニのリンクを貼っときます。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA