一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

平成23年度の億万長者数は500人弱

| 0件のコメント

平成23年度の高額当せん本数が宝ニュースに掲載されていました。
平成23年度の1年間に1億円以上は497本が出ていたとのことです。
ぎりぎり、500本はいかなかったです。早く、この中の一員になりたいよ。
平成22年度は678本です。賞金が高額化し、当たり本数は減っていますね。

億万長者の発生した宝くじの内訳

1億円以上は497本で、うち95本が数字選択式宝くじでした。
1億円以上の数字選択式(ロト6)分は昨年の74本より増えてます。
当選本数の分かっている年末ジャンボも含め、一覧表にしました。
( )内の数字は平成22年度の本数です。

当選金額 合計本数 年末ジャンボ ロト6 他ジャンボ等
1億円~2億円未満 261本(545) 60本(307) 58本(54) 143本(184)
2億円~4億円未満 231本(130) 118本(66) 32本(17) 81本(47)
4億円 5本(3) 0本(0) 5本(3) 0本(0)

1億円以上の本数が減っているのは、年末ジャンボが減ったからです。
平成22年末の年末ジャンボは2等1億円の本数が多かったので。
私としては1等前後賞6億円より2等1億円の本数が多い方がいいなぁ。

グリーンジャンボが売れたので、他ジャンボ等の2~4億円が多いです。
平成22年度は全て2億円だったのが、今回は3億円の本数も増えてます。

平成24年度(H24.4.1~H25.3.31)の億万長者は?

平成24年度は年末ジャンボでの1億円以上は若干増えるかな?
ユニット当たりの本数は同じだけど、6億円の宣伝で売上増えそうなので。
私としては、平成22年のように1億円の本数が多いのがいいな。

このエントリをはてなブックマークに登録

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA