一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

サッカーくじから分かるサッカー王国は静岡県

| 0件のコメント

サッカー好きが多い都道府県といえば、静岡県というイメージがあります。
私の古いイメージですが、Jリーグ開始から20年目の今ではどうでしょう?
サッカーくじtotoの売上から、サッカー好きの多さを考えてみました。

totoの人口あたりの売上は静岡県がトップ

totoは13試合も予想するので、購入者はファンと考え都道府県別に見ました。
2011年シーズンの人口1人あたりの年間売上ベスト5、ワースト5の表です。

都道府県名 順位 売上円/人 平均単価
静岡県 1位 52.2円 1,154円
東京都 2位 50.4円 1,294円
大阪府 3位 38.8円 1,128円
大分県 4位 35.6円 1,119円
山梨県 5位 35.4円 1,030円
北海道 43位 13.9円 811円
長崎県 44位 13.1円 811円
福島県 45位 12.2円 859円
福井県 46位 12.0円 809円
秋田県 47位 9.7円 721円

5割以上を占めるネット販売は除いていますが、静岡県が1位です。
totoBIGの売上だと静岡県は3位です。やはりサッカー王国ですね。
平均単価はどこもさほど変わらないので、ファンの数の違いかと。

2010年も静岡が1位ですが、東京との差が縮まっています。
利便性から地方の方がネットへの移行が進んでいるのかも。

4位の大分県はJ2に落ちましたが大分トリニータがあります。
関係ないかもしれないけど、清武選手が大分出身ですね。
5位の山梨県はヴァンフォーレ甲府の影響ですかね。
2010年シーズンは山梨県が3位でしたが、J2で2位と盛り上がった年ですね。

応援するクラブがあるから、totoを買うのもあるでしょうが、Jリーグのクラブがあるからサッカー熱が高まるのもあるでしょう。

しかーし、J1に上がったコンサドーレ札幌のある北海道は43位でした。
ワースト5のうち4つは雪国と、サッカーに興味がない土地柄なのかな。
福井県は売上あたりの当選本数が1番でした。本命重視の堅実派なのかな。

なお、一攫千金向けtotoBIGの人口あたりの売上は断トツ東京都が1位です。

次回トトビックの概要

4月28日(土)~5月6日(日)の期間で、第564回トトビックの発売です。
今回は対象が全て5/6の試合なんで、日曜日まで販売しています。
その次のトトビックを買うなら、日曜日の午後以降になりますね。

第562回の結果は、4月30日(月)の試合まで対象なので、まだ分かりません。
GWの後半をウキウキ気分ですごせるようになればうれしいんだが。

このエントリをはてなブックマークに登録

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA