一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ネット用の新宝くじロト7以外は?

| 0件のコメント

3月30日に宝くじのネット販売が解禁され、ロト7発行の噂もあります。
ネーミングからして従来クジに近そうですが、私も新クジを考えてみました。
(まず採用されないので、ふふ~んと軽く読んでもらえば幸いです。)

31チャレンジ

1口200円で、1~31の数字を5個(重複可)選びます。24,12,3,31,12とか。
5連続で当たれば1等で最高5億円、キャリーオーバー時は最高10億円です。
最初の1つだけでも当たれば、5等1000円の当たりです。
最初から何連続で当たるかによって賞金額が変わります。

等級 当せん条件 確率(分の1) 平均賞金 売上配分
1 等 5個全ての数値が一致 28,629,151 約3.4億円 6.0%
2 等 1~4個目の数値が一致 954,305 約1000万円 5.3%
3 等 1~3個目の数値が一致 30,817 約65万円 10.5%
4 等 1~2個目の数値が一致 994 約2.5万円 12.6%
5 等 1個目の数値が一致 32 1000円 15.6%
合計 50.0%

各等の重複当せんはなしです。

31個(月の日数)から5個当てればいいというのは、気分的に楽なので。
重複可で並びも当てるので、実際はミニロトより圧倒的に難しいけど。

今のロト6よりキャリーが貯まりやすく、10億円はそこそこ出るでしょう。
1つ目の数字を外すと、残り4つが当たっても外れってのが嫌かな?

100円未満切り捨てとかなしで、totoのように端数は他の等に配分です。
下位の等級との賞金の逆転は、totoのようにしない仕組みとします。
当せん者が現れない未換金分は、確定後にキャリーオーバーへ加算です。

スーパー7ナンバーズ

1口200円で、7桁の数字を選びます。3,0,2,0,6,8,2とか。
ナンバーズのストレートの7個版みないなのですね。
ストレートで当たれば1等最高5億円、キャリー時は最高10億円です。
既存のナンバーズと違い2等以下がありますが、ボックスはないです。

等級 当せん条件 確率(分の1) 平均賞金 売上配分
1等 7桁の数値が一致 10,000,000 約3.2億円 16.0%
2等 どこか6つの桁の数値が一致 158,730 約500万円 15.0%
3等 どこか5つの桁の数値が一致 5,879 約15万円 12.5%
4等 どこか4つの桁の数値が一致 392 約5000円 6.5%
合計 50.0%

各等の重複当せんはなしです。
何桁目が一致するかなので、数値の順番は全ての等で意味あります。
7個もあると、ボックスみたいな順不同は当せん確認しにくいので。

1等は1000万分の1なんで、よくあるジャンボの1等と同じ確率です。
1口200円だし、10億円の可能性もあるからいいかなと。

残念賞的な50分の1ぐらいで1000円ぐらいがあたる等級をなくしてます。
そのおかげで、1等とかにそこそこ配分できてます。

メガロト

特殊なものばかりじゃなく、ロト7(仮称)っぽいのも考えてみました。
海外だと、6個+1個とかの形式が多いけど、なんか分かりにくそう。
それで、単純に40個の数字から7個を選ぶことにしました。
今のロト6にあるボーナス数字はありません。

等級 当せん条件 確率(分の1) 平均賞金 売上配分
1 等 全ての数値が一致 18,643,560 約5.2億円 14%
2 等 7個中6個の数値が一致 80,708 約150万円 9%
3 等 7個中5個の数値が一致 1,681 約3万円 9%
4 等 7個中4個の数値が一致 98 約2000円 10%
5 等 7個中3個の数値が一致 13 200円 8%
合計 50%

誕生月+誕生日から選べる43もいいけど、きりのよい40までにしました。
1~10、11~20、21~30、31~40で分けて考える人がいそうなんで。

1等はtotoBIGのように平均賞金を通常時最高賞金より高くしました。
つまり、キャリーがかなり出やすくて、貯まりやすい設定にしました。
あと、宝くじの末等的な1/10ぐらいで元返しの5等も作ってみました。
5等は200円固定で、ロト6のように過不足は他の等級で調整です。

生活資金宝くじ

最後に、ロト系じゃないけど、年金宝くじの案もつけときます。
月に1回、1枚200円で印刷された宝くじ券を発売です。

等級 確率(分の1) 賞金 売上配分
1 等 5,000,000 35年間毎月50万円 15%+年利2%
2 等 200,000 10年間毎月5万円 14%+年利1.5%
3 等 1,000 1回払い2万円 10%
4 等 100 1回払い2千円 10%
合計 49%

売上配分の年利○%ってのは、賞金をその金利で運用しながら払うことを想定しています。
当選者が当せん時に地方債を購入し、分割払いを受けるような考えです。
賞金の欄には金利を考慮した受取額を記載しています。

単価を200円にしたから2等以下はジャンボよりしょぼい賞金になってます。
1等は1ユニット1000万本に2本の当たりです。
2等は1ユニットに50本と比較的に当たりやすくしました。
せっかくなので、特徴をだすために、末等の200円をなくしました。

上記の中に、皆さんは採用して欲しい宝くじがありましたか?

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA