一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ドリームジャンボを当てるための12の方法

| 1件のコメント

ドリームジャンボが5/14から販売されますね。是非、1億円を当てたいです。
運が良くなるように、最近紹介された幸運をつかむ方法をまとめました。

占いや金運アップの行動

宝くじに当たる顔相

幸運の鼻を持つ芸能人(NEWSポストセブン)
沖縄県那覇市で顔占いをしている人に聞いた、金運の良い顔です。
額の前髪の生え際から眉頭に向かって、幅1~2mmのミミズ腫れのような白っぽく透明感がある筋が下りてきたときが、宝くじを買う絶好のタイミングだそうです。左右の眉頭に下りてきたら1000万円以上の高額当せんだとか。
金運全体は、小鼻が横に肉厚で張っている人がよいそうです。芸能人だと、大島優子、広末涼子、深田恭子、松下奈緒がよいと診断してます。

金運が上がるキッチンでの行動

金運UPのカギ 「キッチンにお金を置かない」と女性占い師
風水で有名な人に金運・宝くじ運を下げる習慣や行動を聞いたそうです。
“火”の気をもつ台所に”金”の気をもつ時計や財布などを置くとダメみたい。
包丁も外に出しているのはよくなく、扉のついた場所にしまうそうです。
食器、とくにガラスの食器はきれいにしないと金運が逃げるそうですよ。

金運が上がる香りのオイル

嗅いで塗って金運アップ!「アンシェントメモリーオイル」
アロマテラピーのような香りを楽しんだり、薄く塗って色を楽しむ「アンシェントメモリーオイル」というものがあるそうです。
その中で金運アップに効果的として、「マネードロー」「ラッキーギャンブラー」「ファストラック」が紹介されていました。
いかにもな名前ですね。ラッキーギャンブラーは緑色で松とかのオイルに金色の磁石砂、タイガーアイだそうです。

宝くじに当せん者の秘訣

宝くじ当せん7度の猛者が語る必勝法(米)
宝くじに7回当選し、当せん総額が100万ドル以上の作家の必勝法です。
・研究し、これまでに当選していない数字の組み合わせを選ぶ
・クイックピックでは買わない
・自分が決めたやり方を貫く
・熱くなり過ぎない
・小額の当せん金も再び宝くじを買うことに投じる
うーん、必勝法というほどのものかなぁ。

パワースポット

秋田県の男鹿水族館の黄金アンコウ

秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOには、2/28に水揚げされた色素異常と思われる黄金色のアンコウが展示されているそうです。
宝くじ当せんを夢見たり、御利益を願ってアンコウを拝む人もいるそうです。
飼育が難しいそうなので、生きている姿を見られたら、ラッキーかも。

鳥取県の鳴り石の浜

読売新聞の地方版で3月の初めに紹介されたパワースポットです。
鳥取県東伯郡琴浦町の「鳴り石の浜」で、石に願い事を書くと叶うそうです。
波に揺れて石がよく「鳴る」そうで、「成る」とかけているようです。

鳥取県といえば金持神社

「金持神社」には、お金持ちになれる要素がたくさん!?
金運グッズも売れているようで、2/24に金持神社の売店の収益金から450万円を鳥取県日野町に寄付したそうです。寄付は6年連続で総額2500万円も。
金運グッズの1番人気は「黄色いハンカチ(1000円)」だそうです。

宝くじが当たるといえば佐賀県の宝当神社

宝くじよく当たると評判の神社 5億円ジャンボで参拝客3割増
佐賀県唐津市の宝当神社も宝くじが当たると有名です。
普段の土日は1日約300人の参拝客が訪れ、グリーンジャンボのときは1日約500人も訪れたそう。ドリームジャンボのときはどうかな?
ただ、この人気を利用した悪い商売もあるようなのでご注意を。
以前に、宝当神社を売りにした宝くじ代行販売業者の事件を紹介しましたね。

なお、最寄のJR唐津駅には「金持ち神社」が出現したそうですが、1000年以上の歴史がある鳥取県の金持神社と違い、こちらは「金持」という名字の駅員さんが赴任したきっかけに設置されたそうです。

埼玉県の聖神社も

テレビでたまに紹介されている埼玉県の聖神社も金運スポットです。
1300年前に日本で初めて流通貨幣が造られた場所で、銭神様の神社です。
宝くじなどを持参すれば祈願もしてくれるそうです。
近くの「和銅採掘露天掘跡」も自然豊かで癒され、よい場所のようです。

アンケートで知る地元の縁起のいい場所

地元で有名な縁起物(マイナビニュース)
恋愛や受験に関する場所も紹介されていますが、金運スポットもあります。
・奈良県の朝護孫子寺は銭亀善神がまつられていて、宝くじの祈願によい
・京都市にある鈴虫寺の幸福地蔵さんは願いを一つかなえてくれる
・神戸の異人館『旧中国領事館』の狛犬は幸運を呼ぶ

幸運の売り場

グリーンジャンボで1等が出た南相馬市の売り場

復興支援グリーンジャンボで南相馬市から1等前後賞5億円が出ました。
被災地南相馬市の幸運な売り場に直接取材した記事がありました。
周囲で営業していない売り場があり、売上を伸ばしているそうですが、少ない販売枚数で当てた幸運な売り場には違いないでしょう。
ここの店主は記事のインタビューから人柄の良さが伝わり、この店で購入したくなりました。
ドリームジャンボの時期に南相馬市に行く機会のある人は是非どうぞ。

神社の隣のご利益売り場

いわき市の宝くじ売り場 パワースポット効果か?当選続出
神社の近くにあり、高額当せんが続出している売り場を2つ紹介しています。
1つは、上で紹介した宝当神社の近くにある「宝当乃館」です。
もう1つは、福島県いわき市の「平一町目宝くじセンター」です。
2010年、2011年の年末ジャンボ1等前後賞の当たりが出ています。
売り場の目の前に大國魂神社の分社があり、大黒様が祀ってあるそうです。
新春(成人の日)には、大國魂神社で宝籤必中祈願祭も行われるそうです。

前回の幸運を当てる方法の記事

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ピンバック: サマージャンボを当てるための幸運のつかみ方 | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA