一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

totoはインターネット販売が急増中

| 0件のコメント

サッカーくじtotoの売上の約6割がインターネット販売となっていました。
宝くじのネット販売も本格化しそうですし、WIN5やチャリロトはネットのみ。
今後はネットで一攫千金が主流になりますね。買いすぎに注意しないと。

トトはネット販売が増加中

総売上は2010年より2割近く落ちています。震災で中止の影響が大きいかな。
BIGの開催は35回から31回に減っていて、1回あたりの売上も減ってます。
震災での中止により販売期間が短い回が多かった影響が出てますね。
あわせて、ネット販売も額は減少していますが、割合は増加しています。

2010年シーズンにインターネット販売が半分を越しました。(51.5%)
2011年シーズンはさらにネットの割合が増え、58.1%となりました。
2009年シーズンは46.4%だったので、どんどん増えています。

2011年のネット以外は、toto売り場が19.5%、コンビニが22.4%でした。
toto売り場もコンビニも同じぐらいの割合で減っています。

宝くじもネット販売が始まれば、同じような状況になりそうですね。
宝くじの専売店は、維持できなくなるところが増えそうです。

次回トトビックの概要

3月17日(土)~3月24日(土)の期間で、第554回トトビックの発売です。

現在のトトビック1等のキャリーオーバーは、約59億円です。
前回は約511万口の売上げで1等(約478万分の1)6億円が2口でした。
キャリーは減りましたが、まだまだ6億円のチャンスは続きます。

自分で予想するtotoの方はキャリーオーバーがありません。
前回の1等は14口が当たって、1等約451万円でした。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA