一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

平成22年度は宝くじで678人の億万長者が誕生!

| 1件のコメント

平成22年度の高額当せん本数が宝ニュースに掲載されていました。
平成22年度の1年間に1億円以上は678本が出ていたとのことです。
私は惜しくも?その一員には入れませんでしたが、かなりの本数ですね。

億万長者の発生した宝くじの内訳

1億円以上は678本で、うち74本が数字選択式宝くじでした。
1億円以上の数字選択式ってのは、ロト6ですね。
当選本数の分かっている年末ジャンボも含め、一覧表にしました。

当選金額 合計本数 年末ジャンボ ロト6 他ジャンボ等
1億円~2億円未満 545本 307本 54本 184本
2億円~4億円未満 130本 66本 17本 47本
4億円 3本 0本 3本 0本

平成22年末の年末ジャンボは2等1億円の本数が多かったです。
1億円以上678本のうち半数以上の373本が年末ジャンボです。
時間的にみると1億円以上は、1日に1.8人ペースと紹介されています。
実際は、毎日平均的にではなく、12月末の抽選日に一気に増えましたね。

その他としては、ドリーム・サマー・オータム・グリーンの各ジャンボに加え、宝くじ記念の日くじや春爛漫くじなどが1等1億円以上でした。

平成23年度(H23.4.1~H24.3.31)の億万長者は?

平成23年度は年末ジャンボでの1億円以上が195本減の178本でした。
グリーンジャンボが前後賞でも1億円で50本ぐらい増えそうです。
ロト6での本数も増えているから、500本ぐらいは行きそうですね。

私は、残り少ない平成23年度中に億万長者の仲間入りをするぞ!

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. ピンバック: 平成23年度の億万長者数は500人弱 | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA