一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

チャリロトがルールが変更されて3つの変わったこと

| 0件のコメント

チャリロトがキャンセル10回までにルール変更して半年がたちました。
その後は的中が1回もなく、奈良でもキャリーが1億円突破しました。
ルール変更後にどのようにチャリロトが変わったかまとめました。

変更1:売上が落ちた

私の購入金額は激減ですが、全体でも売上が落ちています。
前開催の伊東は、他の場の開催も多く、1日300万円未満でした。
その前の開催は1日400万円ほどでした。

キャンセル300回のときの伊東の最終開催は、1日600万円以上でした。
3/3の最終日がキャリー約2億円で768万円でした。
キャリーが3億円ほどの時の小倉(平塚の的中後)も600万円以上の売上でした。
平塚など多いときは1000万円以上を1日で売上てました。

半減まではいかないですが、かなり売上は落ちていますね。
1人あたりの購入数が減っているのに加え、購入者数も減っていそうです。

チャリロト5やチャリロト3などの売上も落ちているのが気になります。
こちらは、自分で選択するのでルール変更が関係ないのですが。
ファンにそっぽを向かれているのでしょうか。K3やK5があるし。

キャリーオーバーが6億円を超えれば、客が戻ってくるのかなぁ?
WIN5とモトロトが始まり、ロト6のネット販売も?で、厳しいですね。

変更2:キャンセルをする人が減った

私も予想を公表しなくなりましたが、予想して購入の人が少ないようです。
単純に468が多ければキャンセルとか、それすらしていない人が多そうです。
なぜなら、的中率(生き残りの票数)がかなり落ちているからです。

伊東の3月以前20日間平均的中率:8.03分の1
伊東の4月以降20日間平均的中率:8.66分の1
(7/7は出走数が少ないため除く。100票以下は除く。)

何もしなければ、9車立てなので、9分の1になるはずです。
それが、キャンセル300回時代は、8分の1ぐらいでした。
嫌な目をキャンセルするので、確率が上がっているのです。
7レースを9分の1だと約478万分の1で、8分の1だと約210万分の1です。
倍以上も以前は当たりやすかったと言えるでしょう。

今は8.66分の1で約365万分の1です。9分の1に近いですね。
今後は、売上も減っているし、なかなか的中はでなそうです。

ちなみに私は適当予想ですが、今でも1/7ぐらいで当たっていますよ。
ただし、1回に1~2口しか購入できませんが。

変更3:チャリロト公式ブログ「チャリっ娘ブログ」終了

ほとんど更新されていませんでしたが、ひっそり終了してました。
ホームページも変わり映えしないし、宣伝予算とか減っているのかも。
とりあえず、トップページの大津は、早く削除しなよ。

購入できる旧来賭式の競輪場は増え、別府もチャリロトスタートです。
ただ、別府だけで、Kドリーム対象の方が増えているし、じり貧かも。

チャリロトには期待していたのに、本当に残念です。
伊東のキャリーオーバーは私が貰うので、それでお別れですかね。

ちなみに、キャンセルの回数が変わっただけでシステム変更はないようです。
私のエクセル自動購買も使えています。(10回までなんで意味ないが。)

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA