一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

ナンバーズでセット2口は買わないように

| 0件のコメント

ナンバーズのセットって分かりにくいところがありますよね。
セットってどんな特徴があるのか、おさらいしてみました。

ナンバーズの種類

ナンバーズの種類を表にまとめました。
ボックスで同じ数字を複数選ぶと当たりにくくなるけど、平均賞金が増えます。
例えば、ナンバーズ3ボックスで003にすると、1000分の3の確率で約3万円です。

種類 概要 当せん確率 平均賞金
ナンバーズ4ストレート 4桁の数字を当てる 10,000分の1 90万円
ナンバーズ4ボックス 4つの数字を当てる 全て違う数値を選べば10,000分の24 全て違う数値を選べば3.75万円
ナンバーズ4セット ストレート100円分とボックス100円分 セットストレート:ストレートと同じ。
セットボックス:ボックスと同じ。
セットストレート:ストレートの賞金の半分+ボックスの賞金の半分。
セットボックス:ボックスの賞金の半分
ナンバーズ3ストレート 3桁の数字を当てる 1,000分の1 9万円
ナンバーズ3ボックス 3つの数字を当てる 全て違う数値を選べば1,000分の6 全て違う数値を選べば1.5万円
ナンバーズ3セット ストレート100円分とボックス100円分 セットストレート:ストレートと同じ。
セットボックス:ボックスと同じ。
セットストレート:ストレートの賞金の半分+ボックスの賞金の半分。
セットボックス:ボックスの賞金の半分
ナンバーズ3ミニ 3桁の数字のうち下2桁を当てる 100分の1 約9千円

平均賞金は理論上の期待賞金額で、実際の賞金は当せん口数により上下します。

セットの特徴

セットは100円(0.5口)分のストレートと100円(0.5口)分のボックスです。

ナンバーズは、基本的には当たりか外れしかないです。
しかし、セットだけは2つのくじの合体なので、当たりが2種類あります。

1等とも言えるセットストレート(数字の並び順も当たる)と、
2等とも言えるセットボックス(並び順は違うが4つの数字が当たる)です。

セットは、
「ストレートの高額賞金を狙いたいけど、惜しい時はいくらか欲しい。」
って人向けです。

ナンバーズ4セットで、全て違う数字(2475とか)を選ぶと、セットストレートの平均賞金は47万円弱、セットボックスの平均賞金は1.9万円弱です。

2口同番号をセットで購入すると不利

セットにすると、惜しい賞があるけど、当たっても50万円弱です。
そこで100万円を狙い「同番号のセットを2口!」としないように。

同じ数値(例えば2475)でセットを2口(200円×2口)買うということは、2475のストレート1口(200円)とボックス1口(200円)買うのと同じ意味です。

しかし、セットで2口買った方が当選金が安い可能性があるのです。
なぜなら、100円未満の当せん金が切り捨てられるからです。

同じ時もありますが、セット2口の方が高くなることはありません。
それだったら、ストレートとボックスを1口ずつ買いましょう。

同じ数値を買うと分け前が減る

今回のケースではセットで同じ数値を2口買う場合でした。

2口ならともかく、1億円目指して同番号100口とかはやめた方がいいです。
なぜなら、当選口数が多くなると分け前が減るからです。
4のストレート90万円×100口で9000万円になると思ったら大間違いです。

最近の売上だと4のストレートの賞金総額は3千万円ほどです。(月曜は多い)
それで、30口が当たれば1口100万円の賞金で平均ぐらいです。
そこに100口が加わると、売上は2万円増だけなので賞金は大差なく、
130口で分けるので1口23万円ほどとなってしまいます。
100口当たっても、2300万円で1億円にはならないのです。

大金を目指すなら、同番号複数口ではなく、別の宝くじにしときましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA