一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

保険と宝くじの上手な選び方

| 1件のコメント

保険を宝くじに例えている保険のプロの記事がありました。
繰り返したい問いかけ 保険は“99%が外れる宝くじ”(日経記事)
私も保険と宝くじはかなり共通事項があると思います。
保険のプロによる保険の買い方から、宝くじの買い方を学んでみましょう。

保険と宝くじの意外な共通点

・平均的には損をする
宝くじは40~50%の還元率から分かるとおり、平均的には損をします。
保険の還元率も30~60%とも言われており、平均的には損をします。
保険の還元率は貯蓄部を除いた保険の部分だと、宝くじ並みでしょう。

..還元率だけを見て宝くじが馬鹿げているというのはおかしいですよね。。

(保険の還元率は大災害もあるので、単年の支払/収入で見るべきじゃなく、
 事業費率10~20%+安全率分で見るべきですが。それはおいといて。)

・人生を左右する金額が手に入る
宝くじは、当たれば数億円になることもあります。
保険も、数千万円の死亡保険に入っている人も多いでしょう。

両者とも(本来は)人生を変える力を持った商品なのです。

・多くの人が少ない知識で参加している
保険はトータルでかなりの額を投じるのに、商品知識なく買われています。
宝くじも1等賞金ばかりに目がいき、当たりやすさの検討はされないです。
(このブログの読者は、当選確率を気にする少数派かも。)

両者とも、不利な商品を買わされている人が多いのです。

保険や宝くじを買う意味

平均的に損をするのに、これらの商品が存在する意味はなんなのでしょう。
 宝くじは夢を買う(レジャーランドや映画にお金を落とすようなもの)
 保険は安心を買う(セコムの契約したり、国産食材を買うようなもの)
とも言われていますが、本質としては違います。

 宝くじは、普通には手にできない大金を得るチャンスを買う
 保険は、万一の時にも家計が破たんしない保障を買う

ということです。
ばくぜんと「夢を買う」「安心を買う」だと、商品選びに失敗しますよ。

買ってはいけない商品

上記リンク先の記事からリンクされている日経電子版の記事には、
「保険は貯金では準備できない額のお金を調達するためにあるのです。」
と書かれていて、
入院1日目からの保障や通院保障は不要と言っています。

入院が5日以上になって、家計がやばくなるのであれば、保険が役立ちます。
有給対応できる入院4日で、数万円の出費で家計が破たんするでしょうか?

短期入院が多いのは事実ですが、その分以上に掛け金が高いのです。
保険というものは還元率が100%にはほど遠いので。
貯蓄で対応できる額なら、掛け金分を貯蓄した方がよっぽどよいのです。
万が一のときにも、生活を守るために保険に入るのです。

同様に、宝くじも1度当たると大喜びできる額を目指すべきです。
何回も継続的に当てて、収支プラスを目指す商品ではないのです。
ジャンボ宝くじの末等300円やその上の3000円が当たってうれしいですか?
それらの賞金がある分だけ、1等などが当たりにくくなっています。
当たり額を再投資していくと、期待値はかなり下がります。

1回で大金を得られる確率の高いくじを買いましょう。

300円当たりは「換金時の継続買い」「換金忘れ」「販売所の換金手数料」
を狙った販売側の都合だけの等級だと思っていました。

しかし、各種アンケートでは末等の支持が高く、10枚に1枚の当たりがないクジを発売すると売れ行きが悪いという事実があります。
つまり、消費者が不利な商品を望んでいたのです。

皆さん、これからはよ~く考えて、宝くじをよい商品に育てましょう。

現在販売中の東日本大震災復興宝くじは10枚に1枚当たりがないです。
しかし、1000円の当たりに15%、賞金総額の37%も配分されています。
今回は復興支援で購入するけど、次回はもっとマシな賞金条件を!!

宝くじは当選確率も考えよう

保険の場合、消費者は万が一の確率を考えなくても普通はよいです。
保険会社が発生確率をアレコレ考えて、保険料を設定してくれているので。

自動車保険で対人2億円を超える事故は少ないから、対人無制限は入り損?
違いますよね?万が一、イチローをケガさせて保障しなくちゃいけなくなった場合にも、家計が破たんしないように無制限に入るべきなのです。
そんなことは普通ないですが、あり得ない分だけ保険料も安いのです。

宝くじは、還元率がほぼ固定で透明性がありますが、還元率が同じだからといって、どのクジ買っても同じって訳じゃないです。
宝くじの場合は、消費者が当選確率を考えて、目指す賞金への配当割合が高いかどうか考えないといけないです。

—- 追記(書き忘れてた) —-
自分の収入・現資産などを考えて過剰な保障の保険は無駄ですよね。
万が一のときに儲けるためではなく、生活を守るために入るのが保険です。
万が一でも年金・奨学金などを活用し、なんとか生活できる額にしますね。

宝くじも同じで自分にとって過剰な賞金のくじを買うのは、無駄なことです。
海外で百億円超の当せんがありますが、そんな大金を上手に活用できますか?
当せん額が大きいということは、当たりにくいことを意味します。
自分が貰えると非常にありがたいと思える額を狙いましょう。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

1件のコメント

  1. こんにちは!

    宝くじでお小遣いを増やし隊です。
    宝くじと保険って似ているんですね

    >宝くじは、普通には手にできない大金を得るチャンスを買う
    そうですね!宝くじは高額当選を狙って買っています。

    ——– コメントに対する返信 ——–
    もうすぐ、幸運は自分のもとにくると信じて、お互いに買いましょう。
    はまりすぎない範囲でね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA