一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

スクラッチくじで当たった詐欺

| 0件のコメント

マレーシアですが、スクラッチくじの詐欺がニュースになっていました。
日本でも「当選しました」といって誘う詐欺メールが多いようです。
ヤフー知恵袋での最近の事例と国民生活センターの事例を調べてみました。

スクラッチくじ詐欺、シンガポール人俳優を広告塔に利用

シンガポール人俳優がスクラッチくじを買わないかともちかけられ、
見事にあたっていたからと事務所に連れて行かれ、8000リンギ(約22万円)を支払えと言われたそうです。

それだけではなく、その後、無断にこの俳優の顔写真が詐欺に使われたそうです。
「あの俳優も当たった」と言って広告塔として使用されたそうです。
4600リンギ(約12万円)をだまし取られたといった被害が出ているそうです。

日本国内での「当たった」詐欺

「当たったメールが来たんだけど、この業者大丈夫?」
という質問がyahoo知恵袋などでよく見られます。
今年の3月末頃から特に多くの質問を見かけたので一例をあげます。

抽選の結果○等に当選しましたので口座を作って下さい(○万円必要)

第3等 現金2500万当たりました~~というメール

本当に大丈夫なんでしょうか、高額当選らしいけど教えて下さい。

豪華賞品を入手するためには、手数料8,000円を払わなければなりません

ロトBIG担当者と名乗る人から2等に当選し賞金500万当たりました

全部が詐欺とは限りませんが、ここ最近だけでもいくつもありますね。
普段は騙されない人でも、不幸などがあり心が弱っている時は要注意です。

独立行政法人国民生活センターでも事例を上げて注意を呼び掛けています。

消費生活センターをかたって「賞金を預かっている」とメールが届いた

宝くじの当選番号がある可能性があり、料金を振り込んで登録を

有名企業等の名前を使ったり、単純すぎて検索しても他の情報ばかりの社名にしたり。
海外宝くじに関して、最近は毎年8,000件を越える相談があるそうです。
国内で公的機関に相談するまでいった件数で年8000件ですからね。

本当に気をつけないといけないです。
私のように、一攫千金を常に夢見ているような人は。

このエントリをはてなブックマークに登録

Sponsored Links

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA