一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

2011年の初夢宝くじ(1等前後賞で1億円)

| 1件のコメント

初夢宝くじが本日(12月23日)から来年の1月11日(火)まで発売されます。
ブロック宝くじで、各ブロックごとに賞金の内訳は異なります。
宝ニュース
1等が0.8億円で、前後賞各0.1億円を合わせると1億円は共通です。
また、2等0.1億円、3等100万円も共通とのことです。
単価は1枚200円で、抽せん日は平成23年1月13日(木)です。

確率はブロックにより若干、異なりますが、
第2187回関東・中部・東北自治宝くじの場合でチェックします。

1等の確率は約433万分の1になっています。
前後賞がつかないと1億円にならないので、魅力はないですね。
年末ジャンボは1億円以上が約167万分の1です。

各等にバランス良く賞金が配分されていて、特徴が少ないです。
10本に1本が7等(200円)で売上の10%が配分されていますが、
100本に1本の6等(1000円)には5%で、他の等も概ね5%ずつです。
なお、1等は9.2%が配分されています。
当たってうれしい100万円以上は売上の23%が配分されていますので、
通常のブロッククジよりは、高額賞金への配当が多いです。

まぁ、年末ジャンボに全力で行った後なので、買えないですね。
3月のグリーンジャンボか春爛漫クジまでおとなしくしてましょう。

ん?どうせ年末ジャンボで1億円が当たるんだった。

——– 抽選結果が発表されました ——–
ブロックごとに当選番号が違うのでご注意を
第2126回東京都宝くじ(初夢宝くじ)
第2187回関東・中部・東北自治宝くじ(初夢宝くじ)
第2305回近畿宝くじ(初夢宝くじ)
第1995回西日本宝くじ(初夢宝くじ)

このエントリをはてなブックマークに登録

1件のコメント

  1. ピンバック: 2012年初夢宝くじ(1等前後賞1億円)の2つの特徴 | 一攫千金で億万長者になろう!

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA