一攫千金で億万長者になろう!

宝くじ等で高額当選者になる近道を

イタリアのスーパーエナロトで約199億円の当せん

| 6件のコメント

史上最高額の当せん金?

イタリアのスーパーエナロトで約200億円の賞金がでたそうです。
この賞金額は世界でも史上最高額とのことです。
ん?アメリカのメガミリオンズの3億9000万ドルの方が高額では?
と思いましたが、2口当たりがあって半額になり、
一括受取で56%になり、税金30%を引かれて、
当時の日本円換算で90億円ほどの受け取りだったそうです。

米国では他にパワーボールで百億円以上の高額当選とかありますが、
一括受取ベースで税引き後だとこれが最高なのですかね。

ちなみに、このくじでは2009年8月にも高額当選がでてます。
当時の日本円に換算したら、こっちも約200億円ですね。

日本では、上限額があるので、10億円以上はないですね。
ロト6は上限4億円で、トトビックは上限6億円です。
上限12億円のチャリロトでは、先日でた約9億円が最高です。

当たった人は?

複数で共同購入だったそうですが、グループの人数などは非公開のようです。
やはり、こういうことは非公開がよいと思います。
国によって公開するところもあるようですが、
当せん者の身を守るためにも非公開を徹底して欲しいです。
共同購入ならそのうち、情報が漏れそうですが、日本にそういう噂までは入ってこないかな。

それにしても、10人で買っていても、1人約20億円ですか。はぁ。
スーパーエナロットには1000人規模の共同購入グループもあるそうです。
さすがに、1000人で分割だと一人2000万円ほどで寂しいですね。

確率はどの程度のロトだったの?

日本のロト6のように、6個の数字を選び、
抽選数字とその6個が全て一致すれば一等となるそうです。

ロト6は43個の中から選びますが、90個の中から6個を選ぶそうです。
なので、確率は約6.2億分の1とのことです。
ロト6の約100倍ぐらい当たりにくいです。

9ヵ月間も当たらなかったそうですが、
日本のロト6も9ヵ月で100口ぐらい当たりがでます。
なので、売上口数は、ロト6より少し多いぐらいかな?
今回はなかなか当たりがでなかったので高額になったのだと思いますが。

期待値はどの程度で全額受け取れるの?

期待値というか、売上に対する賞金の比率は、
日本のロト6が約45%に対し、スーパエナロトは35%ぐらいのようです。
当せん口数などで変動し、一定じゃないようですが。
日本より悪いぐらいなんですね。

ロト6は一口200円ですが、一口0.5ユーロ(約56円)とお手軽な値段のようです。
一口あたりの期待値は、0.2ユーロということですかね。
ただし、二口1ユーロごとの販売みたいですが。

なお、日本のロト6と同様に、税金支払いはなく、全額受け取れるようです。
イタリアのほかのロトだと、税金の支払いが必要なものもあるそうです。

※公式ページはイタリア語でよく分からず、間違い・勘違いもあるかもしれません。

国内で超高額のくじを発行できる?

現状の法律では、賞金はクジ額面の100万倍までで、
キャリーオーバーがあれば200万倍までと決まっています。
それで、1枚200円のロト6は通常2億円で、キャリー時の上限が4億円です。
1枚300円のトトビックは通常3億円で、キャリー時の上限が6億円です。
くじの額面を上げれば、もっと高額にできますが、それじゃ意味ないでしょう。

やるとしたら、法律の改正が必要です。
しかし、そんな高額の当せん金が必要でしょうか。
普通の人の生涯賃金が2億円~3億円だそうですし、
そんな高額を、急に受け取ることになった人が使いこなせるとは思えません。
手間かけて共同購入するぐらいなら、超高額の賞金じゃなくていいし。

1年間で200億円を1人より、2億円を100人の方がよくないですか?
2億円なら、「上手にお金を使わなきゃ」って思える金額で、
上手に使えば、充分にその後の人生を変えることのできる金額です。

このエントリをはてなブックマークに登録